【東京】妻が生んだ別の男性の娘、壁に投げ頭の骨を折るなどし死亡させた疑い 継父(42)逮捕12年前の乳児死亡は虐待

5pt   2018-11-08 12:07
ニュースのまとめ情報局

1: ばーど ★ 2018/11/08(木) 10:52:39.01 ID:CAP_USER9 妻が生んだ別の男性の娘、壁投げ付け「虐待死」

 約12年前に生後11か月の娘に暴行を加えて死亡させたとして、警視庁は7日、継父の堀田伸輔容疑者(42)(神奈川県相模原市南区)を傷害致死容疑で逮捕した。

 捜査関係者への取材でわかった。調べに対して、大筋で容疑を認めているという。当時は事故死とみられていたが、再捜査の結果、虐待死だったと判明した。

 捜査関係者によると、堀田容疑者は2006年12月30日昼頃、東京都新宿区新宿のマンション2階の一室で、同居していた娘を部屋の壁に投げ付けて頭の骨を折るなどし、死亡させた疑い。娘は妻と別の男性の間に生まれ、事件当時は生後11か月だった。

 妻は当時外出中で、堀田容疑者は事件後、自ら119番していた。娘は意識不明の重体で救急搬送され、治療を受けていたが、約2か月後の07年3月9日に死亡。司法解剖の結果、頭蓋骨骨折や硬膜下血腫、脳浮腫があり、頭に強い衝撃を受けていたことがわかっていた。

 堀田容疑者は当時、警視庁の調べに対し、「(娘は)こたつから落ちた」と説明。事件後、妻と離婚していた。警視庁は当初、事故の可能性があるとみて、重過失致死容疑などで捜査していたが、難航していた。

 今年に入って、長期未解決事件(コールドケース)を担当する警視庁捜査1課の特命捜査対策室が再捜査を開始。複数の専門家の意見を聞いたところ、娘の頭の傷は、高さ約30センチのこたつから転落した際にできる傷よりも大きく、外部からの激しい衝撃による傷の可能性が高いことが判明した。強いストレスを受け続けると縮み、体の免疫力が低下するとされる心臓近くの「胸腺」が萎縮いしゅくしていたことも確認されたという。

2018年11月8日 9時7分
読売新聞
c?ro=1&act=rss&output=no&id=8015972&name
   速報あんてなトップページへ
2ちゃんねる,速報,キチ話,ブログの話題が沢山。